change gonna come!!!!

 

 

 

初めてのタカイさんの弾き語りはバンドのイメージのままいたので予想に反してとてもやさしかった。新曲で夏の歌だと言ってやっていた曲はとてもやさしかった。もう一個の新曲と言っていた曲はきっと自分の歌なんだと思う。と言うか私がそう思った。あれは救いの歌だった。そしていかれたbabyのカバーがとても良くて本当に良くてぼろぼろ泣いてしまった。

 

要司さんは本当に持っている歌のスペックが高いなと改めて思わされた。ラヴ・イズ・オーヴァーをもう一度聴きたいなと思っていたので聴けて本当に嬉しかった。だって要司さんのラヴ・イズ・オーヴァーは格別に良いんだもの。powerをやってくれたのもとても嬉しかった。私の大好きな曲。

 

ワタルさんはやっぱりタカイさんよりも要司さんよりも何かが違くて、積み重ねてきたものの差を感じた。やっぱりワタルさんの歌はとても良い。知らない歌を歌っていても私の知っているワタルさんだった。これって本当にすごいことだと思う。とてもやさしくて心地良かった。そしてまあ何よりもアンコールの曇天とバクチ・ダンサーですよ。今日の全てがあれに持っていかれたと言っても過言ではない。だって小学生の頃から聞いている曲だもの。

 

余談になるが、

DOES銀魂のコンプリート盤が出るらしくて、しかもそのアルバムのタイトルが「ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロングベスト」らしくてワタルさんが「完成度高えなおい」とか言うから吹き出して笑ってしまった。