change gonna come!!!!

 

 

 

初めてのタカイさんの弾き語りはバンドのイメージのままいたので予想に反してとてもやさしかった。新曲で夏の歌だと言ってやっていた曲はとてもやさしかった。もう一個の新曲と言っていた曲はきっと自分の歌なんだと思う。と言うか私がそう思った。あれは救いの歌だった。そしていかれたbabyのカバーがとても良くて本当に良くてぼろぼろ泣いてしまった。

 

要司さんは本当に持っている歌のスペックが高いなと改めて思わされた。ラヴ・イズ・オーヴァーをもう一度聴きたいなと思っていたので聴けて本当に嬉しかった。だって要司さんのラヴ・イズ・オーヴァーは格別に良いんだもの。powerをやってくれたのもとても嬉しかった。私の大好きな曲。

 

ワタルさんはやっぱりタカイさんよりも要司さんよりも何かが違くて、積み重ねてきたものの差を感じた。やっぱりワタルさんの歌はとても良い。知らない歌を歌っていても私の知っているワタルさんだった。これって本当にすごいことだと思う。とてもやさしくて心地良かった。そしてまあ何よりもアンコールの曇天とバクチ・ダンサーですよ。今日の全てがあれに持っていかれたと言っても過言ではない。だって小学生の頃から聞いている曲だもの。

 

余談になるが、

DOES銀魂のコンプリート盤が出るらしくて、しかもそのアルバムのタイトルが「ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロングベスト」らしくてワタルさんが「完成度高えなおい」とか言うから吹き出して笑ってしまった。

ただただTHE PINBALLSの良さを示したい

 

 

 

タイトルの通り、

ただただTHE PINBALLSの良さを

アウトプットするだけの記事です。

 何故ならライブ後で気持ちを持て余しているから。

 

 

さっそくいきます。

 

 

 

真っ直ぐでバチバチに格好良いロックンロールな曲

真夏のシューメイカ

youtu.be

 

 本当に格好良い以外の余地がないです。

アツく燃え上がる曲だけど、どこか冷静、冷淡なところも感じられるところが好きです。

この曲のMVが一番好きなので一曲目にしました。

そしてこの曲本当に大好きで、大好き過ぎて何十回ライブで聴いても泣きます。

 

 

 

一番最初のミニアルバムから、

クライマックスへのもっていき方と言うか、

とにかく最後が格好良いので

この曲だけは最後まで聴くことをお願いしたいです。

tenbear

youtu.be

 

シンプルな演奏だからこその格好良さ。

 

ライブで古川さんがとても楽しそうに歌っているのを見て、こちらもとても楽しく幸せになりますね。

 

 

 

私はこの曲がTHE PINBALLSを象徴する一曲だなと思っています。

悪魔は隣のテーブルに

youtu.be

 

なんでだろう、初めて聴いたのがこの曲だからかな?

いやでも、曲の雰囲気が1番PINBALLSっぽいと思う。

歌の世界観とか、演奏のバランスとか、

これぞPINBALLSだ!と言いたくなる。

歌詞と演奏の世界観がマッチしすぎなのでは?!

 

 

 

超ロマンチックな曲

片目のウィリー

youtu.be

 

 泥臭いロックンロールなのにこんなロマンチックな曲なの

超格好良くて素敵じゃないですか?

こうゆうところがPINBALLS特有の良さだなと思ってます。

 

 

とにかくこの格好良いギターを聴いてほしい

Voo Doo

youtu.be

 

 この怪しげで荒々しくもダンサンブルな感じ、

超格好良い。

なのに3分以内で終わってしまう

3分なんて一瞬ですよ一瞬、もう意味がわからねえ…

もっと聴きたい!と思わせられるくらいのちょうど良い短さに見事やられてしまうんですよね…

何回も永遠にループして聴いてしまう

PINBALLSにはこんな感じの曲が他にも沢山ある

 

 

 

ゴリゴリに格好良い曲

冬のハンター

youtu.be

 

この曲はもう本当にベース。

 ゴリゴリのベースがとても力強くて、この曲のずっしり重たい感じを300%くらい出してる。

そしてボーカルもいつもより荒々しくて格好良い。

男のロックでしょ。

 

 

 

蝙蝠と聖レオンハルト

youtu.be

 

 「蝙蝠と聖レオンハルト」なんてタイトル

いったいどんな曲なんだろうと思ってしまうだろうが、

曲がタイトルに負けているわけもなく

始まった瞬間から「蝙蝠と聖レオンハルト

 

この曲はもう説明するのも野暮なのでとりあえず聴いてくれ

 

 

 

とても切ないけどやさしくてあったかい曲

20世紀のメロディ

youtu.be

 

MVはバチバチに格好良いロックンロールな曲が多いんですけど、こうゆう優しくてあたたかい曲もアルバムには沢山あって、

その曲たちも本当に良いんですよ…

 

優しさとあたたかさの中に強さがありつつ、

人間味があるからとても心に沁みるんですよね。

多分これは古川さんの人間性そのもの

 

 

 

"ゼンシンゼンレイ"のロックンロール

毒蛇のロックンロール

youtu.be

 

この曲、私はどこか機械的というかアナログチックにもきこえるのですが、

それはこの曲が(インタビューによると)欠けている部分がある人のことを歌っているからなのかなと思います。

欠けている部分があるからこそ全身全霊で格好良い

 

 

 

感情むき出しの曲

七転八倒のブルース

youtu.be

 

衝動と激情で突っ走っている。

そしてMVも夜の浜辺で演奏するだけで全く余計な情報がなく、臨場感と躍動感がとてもあって最高。

ビンで後頭部殴られたかな?みたいな衝撃が走る。

とても格好良い。

 

 

 

もう1つの最新で締め

Lightning strikes

youtu.be

 

まずライブ映像が本当に格好良い。偉い。

そして聴けば稲妻のようにビリビリとした衝撃を受けるし一瞬で駆け抜けてしまうんだけど、

その駆け抜ける一瞬が凄くて

ずっとヒリヒリした緊張感のまま突っ走って

最後の最後で一気に燃え上がる。

本当に格好良い。

 

 

 

 

ということで総じてTHE PINBALLSは格好良いということをアウトプットする私による私の為の記事でした。

 

ワンマン楽しみだーーーー!!!!!